FC2ブログ

Article

                   
        

ジテツーじゃないらしい

category - 自転車GO!GO!
2009/ 09/ 10
                 
ヨーロッパ全域、オーストラリア等は

10数年前より

自転車通勤が社会システムのデフォルトに

なっている。

自転車専用レーンは当たり前。

交通教育もされている。

ヘルメット装着に見られる

セルフディフェンス思想も定着している。

他人に迷惑をかけないよう心がけている。


でっ!

日本はどうなっている?

最低だね!マナー、交通ルールともに

インフラの整備も無視状態。

車道を走るな!と言わんばかり。
グレーチング
車道の端にある排水用のグレーチングひとつ見ても

ロードレーサータイプの標準的なサイズは

タイヤの幅23mm

グレーチングの幅はというと

25mm~30mm、ほとんど30mm

キッチリはまります。端によれません。

一部のお車の方は容赦なく幅寄せしてくださります。

わざわざ汚い言葉で応援してくださる方もいますね。

自転車も逆走、信号無視

罵声をあげて歩道を力走。

子連れのママ様は、、、

問題外の方が多く見られる。

言葉はたぶん通じないのだろう



お上には期待してないので

クルマ、オートバイ、自転車、歩行者

みんなで仲良くしません。


世界的ムーブメントになっているようです。

以下、サイトより



バイクツーワーク01




バイクツーワーク02

もし、日本の人口のすべてが1kmずつ走ったとすれば、
全体で1億3000万kmもの距離を走ったことになります。
これは地球から太陽までの距離に、少し足りないぐらいです。
2009年のバイク ツー ワーク デイの呼びかけスローガン
『1億3000万km』は、これを意味しています。


地球に対して

二酸化炭素、窒素化合物、硫黄化合物などを出さず、大気の状態を変えない移動手段、自転車。クルマの便利さばかりに溺れず、自分の力を使う自転車を移動手段として見直すことは、過剰な消費生活を見直す意識も生みます。

例えば自転車は、街中で信号待ちを繰り返しても、1時間で10kmは進みます。そういう事柄をリアリティとして捉えるところから、考え方、そして生活のなかでの価値観は変わっていくことでしょう。



社会に対して

2012年、京都議定書期限内に、東京を初めとする都市地域で、現在欧州で行われているような道路規制が始まるかもしれません。自転車を道路のインフラとして迎える動きは、欧米のみならず、日本以外のアジア諸国でも日進月歩の勢いで進んでいます。

たとえば、自転車通勤をする日との数が、今日の倍になったとしたら。何が起こるのかはわかりせんが、その日のために、いまから予想し、その日を受け入れる準備をしておくのは、決して無駄なことではありません。



あなたに対して

自転車通勤を日課にすると、運動量があがり、体脂肪を減らしやすくします。1日に2回以上の有酸素運動を繰り返すと、体が脂肪が燃焼しやすいよう変わっていくのは、運動生理学上の事実です。

今、世界的に最も大きな税金の使い先であるのは医療費。これを下げるために、世界先進各国で自転車通勤が推奨されています。生活習慣病になって病院に通うのと、生活習慣病にならないよう自転車で通うのと。あなたはどちらを選ぶでしょう。


bike to work day 2009

ヨーロッパカーフリーデー日本公式サイト




いつも感謝の気持ちを忘れずに。

生かして頂いて ありがとう御座位ます
関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント