FC2ブログ

Article

                   
        

ひよこちゃんブレる

category - もやじな日記
2009/ 11/ 12
                 
●11月9日19時51分配信 読売新聞
民主・山岡氏にSP、発言に抗議殺到で

民主党の山岡賢次国会対策委員長に10日から警護官(SP)が随行することになった。
与党時代の自民党国対委員長にはSPはついておらず、異例の待遇だ。
山岡氏が先週、永住外国人に地方選挙権を付与する法案を
今国会に提出する考えを表明したところ、事務所に抗議の電話が殺到。
警視庁が「警護が必要」と判断したという。
山岡氏は「発言に対する反発が大きかった」と周囲に語っている。
民主党役員でSPがついているのは、代表の鳩山首相を除けば、
小沢幹事長、輿石東参院議員会長だけだった。
党内からは「山岡さんも『党内ナンバー3』の座を確立し、
まんざらでもないのでは」と冷やかしの声も漏れている。
最終更新:11月9日19時51分

●2009.11.11 10:03配信 産経ニュース
参政権法案 今国会提出断念へ 政府・民主 党内外に反発強く

政府・民主党は10日、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案の今国会への提出を見送る方針を固めた。同法案をめぐっては、民主党の山岡賢次国対委員長が6日、議員立法として今国会に提出したいとの考えを示していた。

民主党の小沢一郎幹事長は、和歌山県高野町で記者団に対し、同法案について「外交政策が背景にある問題だから、私がとやかく言う立場ではないが、基本的には政府提案(政府提出法案)としてやった方がいいだろう」と述べた。

ただ、平野博文官房長官は同日の記者会見で「この国会で政府提案としてやる時間的な余裕はない」と述べた。付与に懐疑的な民主党国対幹部も「外国人参政権なんて党内がもたない。いずれにしても今国会ではできない」と語った。同党や山岡氏ら関係議員に国民から多くの抗議が寄せられたり、党内保守系議員が反発したことも提出を見送る理由となったようだ。

今後も参政権付与推進派の動きは続くとみられるが、平野氏は10日の会見で、来年1月召集の通常国会への対応について「連立3党の党内で議論が必要だ」と与党の意見集約が政府提案の前提条件との認識を示した。国民新党は「うちの党は(意見集約が)難しい」(亀井静香金融相)としている。

民主党内で検討中の法案は、日本と相手国が互いに同程度の権利を認める「相互主義」を採らず、中国人でも日本の永住者なら地方参政権を与える内容だ



大きな声で
景気対策やらないで売国してどうすんだ!
日本が無くなるぞ。
ボケ!






いつも感謝の気持ちを忘れずに。

生かして頂いて ありがとう御座位ます
関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント