FC2ブログ

Article

                   
        

メイドインJAPANも信用できん

category - もやじな日記
2009/ 11/ 26
                 
ワクチン01 ワクチン03 ワクチン04 ワクチン02
医療従事者から始めたワクチン接種。

このワクチンは国内メーカーが製造した118万人分を使用したらしい。

安全と言われた国産で死亡例が、、、お気の毒です。

輸入モノは大丈夫か?

カナダはどうなった?

スイス、オーストリアの薬屋さん発の

演出・企画モノにやられるのか?


ワクチン接種後に感染、死亡=国内初、
新型インフル-30代女性看護師・鹿児島
時事ドットコム(2009/11/25-21:07)

鹿児島県は25日、新型インフルエンザに感染した30代の女性看護師が死亡したと発表した。女性は

10月下旬に医療従事者として新型インフルエンザワクチンを接種。厚生労働省によると、ワクチン接

種後に新型インフルに感染し、死亡が確認されたのは国内初という。職場や家族らに感染者は出て

いない。女性は甲状腺機能低下症などの基礎疾患(持病)があった。
 
県健康増進課によると、女性は11月上旬には、季節性インフルエンザワクチンも接種。20日までは

通常通り勤務していたが、21日に40度近くまで熱が上がり、医療機関を受診、簡易検査でA型陽性

と判明した。タミフルを処方されたが、25日にインフルエンザ脳症で死亡した。女性は一般的にワク

チンの効果が出始めるとされる接種3~4週間後に感染したことになる。ただ、同省は持病により免

疫力が低下している場合は、ワクチンの効果が十分得られない可能性があるとしている。


●2009/11/25 22:45 【共同通信】
厚労省は今回のケースについて「ワクチンを接種していても、新型に感染して死亡する可能性はあ

る。ただ、重症化する確率を下げることはできると考えており、接種の重要性が減るわけではない」と

している。


●朝日新聞社:asahi.com
県健康増進課は「接種は重症化や死亡を抑える目的だが、感染したり脳症になったりすることが完

全になくなるわけではない」としている。

女性は11月上旬に季節性インフルのワクチンも接種していた。

朝野和典・大阪大教授(感染制御学)の話 ワクチンを接種すれば感染と重症化を100%防げるとい

うわけではない。しかし、重症化を防ぐ唯一の手だてなので、一人でも多くの人がワクチン接種をする

ことが望ましい。特に感染リスクの高い医療従事者はより多くの人が接種すべきだ。



また、摂取しない気分が大きくなってきた
何を信じればいいのかわからなんな。

金玉オヤジの言うように

直感・五感か
DNAに封印されたフォースを発動か。



生かして頂いて ありがとう御座位ます
関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント