FC2ブログ

Article

                   
        

ワクチンキャンペーン!またか

category - もやじな日記
2010/ 04/ 15
                 
また、ワクチンキャンペーンが始まっている。

2009年の新型インフルエンザ発生とワクチン・パニックの

第二弾キャンペーンだと思う。

マスメディア信者が多数の日本を狙ったものだ

なめられすぎです

日本国民、政党。


二ヶ月程前から

細々と始まっていたが

国政・自治体を抱き込んだ

キャンペーンのピークに突入しそうだ。

ワクチン賛成の販売促進プロパガンダだよ

どうみても。

判断はよく調べてからにしよう。

盲目的にテレビなど各種報道メディアを信じないように

ワクチンビジネス成功ストーリーに乗せられるな。

日本のマスは絶対報道いないと思うので
インドでガーダシルの研究プログラム、死亡者が出たため緊急停止さる
”インドで行われていた子宮頸癌ワクチン、マーク(メルク)社製のガーダシルの公的医療における有用性と受容性を調べる2年間の研究プログラムで、ガーダシルを接種した120人の女子のなかから4人の死亡を含む多数に問題が生じたため、インド医療研究評議会(The Indian Council of Medical Research - ICMR)がただちにこのプログラムを停止するよう命じた。


以下、拾いものより転載

今後、ワクチンは、わずか4年の間に2倍の爆発的な成長を遂げると予測されています。
つまり、4年以内に世界中で今の倍の量のワクチンが市場に流通する準備が製薬業界で進行中なのです。それは、およそ世界で約4兆円の売り上げになります。
これらの情報は、投資家のための市場予測会社の資料に書いてあるもので、専門家の間では30万円から数十万円で取引されています。

ワクチンビジネス情報   
            
今後も新しい病気の予防ワクチンや聞いたこともない病気を予防するワクチン、また予防する必要のない病気のワクチンが市場に売り出されてくることでしょう。
なかには、大人になってから、タバコやアルコールの中毒にならないようにするためのワクチンまで開発されているという話もあるくらいです。


現在、国内では、子宮頸がんワクチンへの公費助成を表明する自治体が、全国に広がっています。2009年12月、新潟県魚沼市のほか、埼玉県志木市、兵庫県明石市でも、小学6年生から中学3年生の女子を対象に全額補助を行う方針です。名古屋市では、半額補助。また2010年4月から、東京都杉並区では、中学一年生を対象に全額負担(本来は1回1万5千円、3回接種が必要、計4万5千円)を開始するとのことです。

国内で議論されている接種の公費負担や無料化について、それが製薬会社による政策と世論誘導によって導かれたものでないか、慎重に見極める必要があります。

拾いもの以上。

参考サイト(ググればいろいろでてきます)
特別レポート HPV(子宮頸癌)ワクチンの大インチキを暴く

子宮頸がんワクチンの危険性






生かして頂いて ありがとう御座位ます
関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント