Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

とりあえずメモ

category - もやじな日記
2011/ 04/ 05
                 
何の意味もないです。とりあえずメモ

【在日コリア系著名人リスト】
美空ひばり 小林旭 都はるみ 和田アキ子 五木ひろし 山口百恵 西田佐知子 小柳ルミ子 布施明 春日八郎 神戸一郎 北原賢治 野村真樹 内田裕也 杏里 川中美幸 ジョニー大倉 シャーミン 瀬川瑛子 西城秀樹 にしきのあきら 井上陽水 柳ジョージ 矢沢永吉 ビートたけし 沢田研二 松山千春 菅原都々子 小畑実 河島英吾 由紀さおり 安田祥子 フランク永井八代亜紀 青江三奈 伊藤蘭 井沢八郎 工藤由貴 坂本九柏木由紀子 伊東ゆかり 松任谷由美 松坂慶子 沢口靖子 岡田可愛 野川由美子 北原三枝宝田明 堤大二郎児玉清 松田優作 新井春美 山根元代 岩城混一 安田成美 宮下順子 マッハ文朱 つかこうへい 菅原文太高倉健 金田賢一隆大介 佐久間良子 石田ゆりこ 石田ひかり 大信田礼子 小坂一也 香山美子 勝呂誉 松村雄基 林寛子 岡本夏生 大鶴義丹 若乃花(初代)二子山親方(貴ノ花) 若乃花 貴乃花 玉乃海 武蔵川親方(三重の海)前の山 栃光 若葉山 二所ノ関親方(金剛) 佐田の山 黒姫山 前田山 力道山 前田 日明 長州力 ラッシャー木村 大木金太郎 星野貫太郎 青木功 大山倍達 孫正義 藤原紀香 木村拓哉池田大作 辻元清美 永六輔 豊川悦司
出典:東洋経済日報社資料 、「在日韓国人の底力」(植田 剛彦著)ほか

【本名が判明している著名人】
都はるみ(李春美) 和田アキ子(金現子) 沢田研二(李研二) 安田成美(鄭成美) マッハ文朱(李文朱)つかこうへい(金峰雄) 岡本夏生(李夏生) 大山倍達(尹泰植) 力道山(金信洛) 岩城滉一(李光一) 西城秀樹(李龍雄) ジョニー大倉(李雲煥) 立原正秋(金胤奎) つかこうへい(金峰雄) 新井将敬(朴景在)宮下順子(金英姫) 新浦(金日融) 田中麗奈(鄭麗奈) 池田大作(池大作) 土井たか子(李高順) 筑紫哲也(朴三寿) 本多勝一(崔 泰英) 佐高信(韓吉竜) 福島瑞穂(趙春花) 


【在日コリア系著名人リスト】(別説)
和田あき子・錦野あきら・西城秀樹・金山一彦・都はるみ・赤井英和・角田信朗・大山倍達 ・長州力・松坂慶子・チャゲ&飛鳥・安田成美・美空ひばり・中森明菜 ・石田ゆり子 ・石田ひかり・トミーズ雅・マグナム北斗・前田日明・力動山・松山千春 ・桑田佳祐・貴乃花・若乃花・吉田拓郎・松本智津夫・林泰男・矢沢永吉・浜田雅功・手塚治虫 ・湯川秀樹 ・盛田昭夫 ・松下幸之助 ・長島茂雄 ・松嶋奈々子・五木ひろし・小池えいこ・岩城晃一・ジョニー大倉・吉幾三・白竜・高橋克典・石田純一・常盤貴子・内藤やす子・岡本夏生・MEGUMI・中山美穂・中澤裕子・椎名桔平・井川遥・千原兄弟・星野仙一・安藤美姫・久本雅美・トミーズ雅・福山雅治・原田龍二・吉岡美穂・伊東美咲・伊藤英明・土井たか子・黒谷友香・安田美沙子・安めぐみ・藤原紀香・木梨憲武・酒鬼薔薇聖斗・林真須美・池田大作・伊原剛志・吉川晃司・稲本潤一・青木功・秋山成勲・金田正一・張本勲・有藤道世・新浦壽夫・金城龍彦・新井貴浩・金本知憲・清原和博・金村義明・広澤克実・中村武志・光山英和・池山隆寛・西山秀二・布袋寅泰・岡本 夏生・菅原 文太・高倉 健・大鶴 義丹・小泉純一郎・後藤真希・浅田真央・イチロー・田中麗奈・中田英寿・SMAP(中居君以外)・広末涼子・夏川結衣・中島美嘉・要潤 ・榎本加奈子・倖田來未・松浦亜弥・仲間由紀恵 ・井上和香・川村ひかる・高島彩・友近・京野ことみ・持田香織・尾崎豊・大河内奈々子・雛形あき子・山田まりあ ・奥菜恵・小室哲哉・真中瞳・仲根かすみ・東山紀之・佐藤藍子・金子賢・高岡蒼甫・宮崎あおいetc


「南牛」こと安部桂司先生、豊川悦司を語る。
俳優・豊川悦司は大阪府八尾出身である。
豊川悦司はある機関誌で以下のように語っている。

民族教育を受ける事もなく、日本の学校で日本人の子供達とともに育った。
家の中に点在していた韓国人であることのキーワード達、キムチ、チョゴリ、チャンゴ
といったアイテム。ハラボジ、ハルモニ、アボジ、オモニ、という言葉。視覚と聴覚を
掠めるキーワードは、他の子供達とは違うのだという認識を、私にもたらすまでには
至らなかった。

二十歳を過ぎて、初めて日本を離れた時、私は当然のごとく韓国のパスポートを渡され、
訪れた彼の地で韓国人として扱われた。笑い話かもしれないが、日本を離れることで
はじめて私は「在日」である自分と向き合ったのである。
この豊川悦司の言葉は、何回読み直しても心地が良い。
一言の差別も語られて無いからかもしれない。
尚、南牛はこの文章を読むまで豊川悦司が在日朝鮮人三世だとは知らなかった。
2008年7月27日 南牛 安部桂司
関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。