Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

ゴブラン会in東京ドームホテル

category - もやじな日記
2011/ 07/ 06
                 
日本人と日本でしか創れないフレンチ
目から鱗がポロポロな料理の数々


DSCN3093.jpg
DSCN3094.jpg
DSCN3096.jpg

DSCN3098.jpg
アミューズ・ブーシュ
フォアグラのメロンゼリー、
軽いアーモンドミルクメレンゲと胡椒風味ヌガチーヌ

DSCN3100.jpg
わたり蟹のブランマンジェ 雲丹添え
ブロッコリーのクーリーとミルクオニオンのエミュルジョネ

DSCN3103.jpg
皿の上の野菜達とトリュフ田楽

DSCN3107.jpg
DSCN3105.jpg
えぞ鮑とさわやかな車海老 大根のフリカッセ

DSCN3108.jpg
DSCN3109.jpg
シャラン産ビュルゴー家鴨のローストと茄子のフリット
九条葱柚子胡椒ソース

DSCN3114.jpg
DSCN3117.jpg
マンゴー パパイヤ キウイ アプリコット 桃のミネストローネに
クレーメダンジュとホワイトチョコレートのコッポを添えて

DSCN3110.jpg
先日の英国ロイヤルウエディング
に出された白ワイン
ベリー・ブラザーズ&ラッド提供

DSCN3120.jpg
DSCN3121.jpg
被災地への炊き出し支援記録


2011.06.29の出来事

今回もゴブラン会へ参加させていただきました

関係各位の皆様方に感謝でございます

ありがとうございました

料理の美味しさ

素晴らしさは写真でわかるとおもいますので

何も語りません

ハナマル満開のひとときでした



白ワインもよかったが

シャンパンが秀逸

おいしすぎ



ホテルは大概そうなのだが

宴会場と調理場が離れている

東京ドームホテルの調理場は地下にあります

会場の42階、テーブルまで美味しさを届ける

凄いの一言

料理を考える段階から

移動を計算している

ホテル、宴会料理の難しいところですな


江上 栄子先生が

今回もいい言葉を聞かせてくださいました

「食に真剣 人生に真剣」






鎌田昭男(かまた あきお)
1943年茨城県生まれ。1965年レストラン「クレッセント」「銀座日航ホテル」「帝国ホテル」などで修業。
1971年渡欧。スイスの「ホテルベルビュー」フランスの「ホテル・ド・パリ」「パクトル」「クロコディル」「ムーラン・ド・ムージャン」などで腕を磨く。1977年に六本木の「オー・シュヴァル・ブラン」の料理長に、1986年には「ホテル西洋銀座」の総料理長に就任。先見の明を発揮して、ホテル内に本格イタリアン「アトーレ」をオープンする。2000年、客室1006室を擁する「東京ドームホテル」総料理長となる。2008年には、専務取締役 総料理長に就任、現在に至る。


江上 栄子先生
フードコンサルタント/料理研究家  江上料理学院 院長
株式会社ラボラトワール・エガミ 代表取締役






生かして頂いて ありがとう御座位ます
関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。